2015年08月25日

久々のM先生レッスンはお得、納得!♪



歌からかなり遠のいていて、7月の「海の日コンサート」の発表会も2回のレッスンで出る
無謀もしました。
体調も上向いてきたので、久々に2週連続レッスンに行きました。


以前も書きましたが、声楽の先生は2人います; K先生とM先生。


K先生は早々と指導の道へ。
年4回発表会があり、今年は4年振りに9月は海外公演。
私は食事に不都合が有り欠席〜〜;
参加者15名!プラス同行者含め18名、一つの教室だけで成り立つなんて、
お教室も徐々に大きくなって行き、
コンクール参加者や音大出身者の生徒も増えて、聴き応えのある発表会になってますグッド(上向き矢印)
本当かですって?
一度入らしてみて下さいなるんるん



片やM先生は現役の舞台で活躍中なので、レッスン時間にも制限有りますが、
どんなジャンルもOK; 某有名劇団Sのボイストレーナーもしてます。



前置きはこれくらいで、、、



K先生の元へは、声楽レッスンと後は来年4月のサントリーホールコンサートに向けた選曲相談。
私の希望曲は既に予約済みがく〜(落胆した顔)(がっかり><)と聞いていたので、
数曲楽譜持参; 結果、「ロミオとジュリエットでやってみましょう」
もう一曲はベルディの「恋はバラ色の翼に乗って」(7月熱中症で歌った曲)をリベンジ、
となりました。
予約済みのAnna Bolenaは再来年にあせあせ(飛び散る汗)(鬼でなく誰が笑うの??!)とおねがいしました。




帰り道、レッスン録音聞いても、どうも納得出来ないんです。
ロミジュリは昔レッスン済みだから、興味はアンナボレーナから離れない。
6、7分サクサク弾いてくれたけど、私のようなレベルではジックリやってもらわないと
音が狂う、言葉が入らない、リズムも狂うちっ(怒った顔)


今、私は「アンナボレーナ」を歌いたいんです! 抑えられない気持ち黒ハート



そこで、もうこれはM先生の教室に行くしかない!
と言う訳で翌週M先生の元へ。




M先生の発表会は11月恒例が1月に変更に; それはGood News!
11月はバレエがあるし、、延びたのでじっくりAnna Bolenaを出来る。
まず、3回分の選曲相談。



12月分、1月分、 4月分、各々2曲づつバランス良く組み合わせたい。
今はフランス物は私だけかも!と安心していられない状態ふらふら
音大出てフランスへ音楽留学した生徒が入ってきたからです。




選曲は、ほぼ目安がつきました〜
12月   連隊の娘(長いから一曲かな〜)の練習舞台
 1月   Anna Bolena を2017年4月の練習舞台 と 短曲
 4月   「連隊の娘」 と 「恋はバラ色の翼に乗って」



仕上げはK先生で良いんですが、効率よく新曲を習うなら絶対M先生です。
ならなぜM先生に絞らないのか・・・
それは、、私のようなものぐさ(以前は違いましたよ〜2012年体調崩してから)には
発表の場は必要。
それも年一度は桧舞台「サントリーホール」歌える。
プロの友人曰く「良いホールで歌うと上手くなった気になる; それが刺激で上達するわよ〜」と。




そんな噂を聞き同類の歌好き集まってきてま〜す。

兎に角K先生は営業上手!

(明日はあぴを獣医さんに連れて行かなくては・・・涙)



続きを読む
posted by wasabin at 21:26| 東京 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月14日

落語のディナーショー@梢




「お〜与太さんじゃねかい。どうしたっ、顔があけえじゃねえか?!」
 「えへへへっ、あたい、酒食っちゃったあ」
「なんだ?酒食った?」
 「うん、食っちゃったんだあ」
「で、どれくれえ食ったんだ」
 「えへへ、これくれえの3枚!」
「おめえ、酒粕食ったな」

   ・・・・・・・・


こんな感じで、与太さんと八っつあんの会話から始まります
  


これは私が数年前、桂右團治師匠から教わった小話の冒頭部分です。

右團治師匠は協会で初めての女性真打;
それが、オーラが出ていて、また、ただものではないんです。
早稲田の法学部出身って言うんですから、ストリーの覚えも良いでしょうし、
所作、ハギレ。。文句無しの人がなんで私の師匠?と不思議でしょう?



まあ、私は好きが高じて自分でも!と質でしてね。


それはそうと、先日どこかで美味しい物食べようということになり、
偶然見つけたのが、落語のディナーショーなんです。
新宿のホテルは大体たべ終えたかな〜、お台場辺りまで足を伸ばすしかないかな、
何しろ景色がいいですからね、そこまで行くと、との算段が無用になりました。


   お食事中に各テーブルにご挨拶にいらした師匠と。
   携帯写メなので、こんな感じの仕上がり〜〜;

   20150809梢桂三三1.jpg

未だ日が差す店内; 最初は桂三三氏が即席拵えの高座で落語を2席。
笑い過ぎお腹がすいたところで、食事となりました。



20150809parkhyatt梢2.jpg
どうも美味しそうに見えないなあ>< 
鮮やかなほおずきの中に違ったお品が絶品。


これの前は蓮の葉に蟹と色々のゼリー合わせも「う〜♪」声が出るほどのお味。



20150809parkhyatt梢.jpg
40階「梢」から初台(オペラシティ)方面〜調布方面を望む
携帯写メだから全然綺麗じゃないけど、豪華な景色。



西新宿のレストランは高層ビル林立しているので、高層階でも隙間から眺める感じで、
こんなに広々と見えるのは一流ホテルでは新宿ではパークハイヤットホテル位かな〜


41階はお洒落なラウンジで、モデルさんかと思うほどの綺麗な女性が居たり、
お気に入り!でも、飲めないから10分の1も楽しめないかも。




又来たいんですが、、大蔵大臣(夫)は和食より洋食等なので、
暫く無さそう・・・ざんねん

続きを読む
posted by wasabin at 21:10| 東京 ☁| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

虫食い鼻のあぴしゃん><



はぴいはお外で嵐の直後に保護されて、原風景がお外なのかもしれない。
顔も体も細身で、鳴き声を聞かなければ、ジャングルやサバンナに置いても違和感はそれ程なさそうな見た目。


その鳴き声が小さくて、「それじゃ、おウチの中に聞こえないよ。お外で生き抜けないよどんっ(衝撃)
と言い聞かせるんですが、ねえ・・・変わりません。



こんな事言うのも「お外」で2歳児なので、苦労していると思うからなんです。




見てください、これ。
DSC00800.JPG

抗生剤塗って、飲み薬を砕いて餌に混ぜ飲ませてますが、両耳みるとひどいたらーっ(汗)

DSC00801.JPG

中々薬入りの餌は食べてくれないので、治りが遅く、私の手に載せたら平らげる様になりました。
なので、今はこんなに酷くなく、治り掛けてます。



お鼻もこんなブツブツ状態もうやだ〜(悲しい顔)
DSC00802.JPG
あ〜ハンサムさんが台無し〜
と言うより化膿しかけてるから、お母さんはとっても心配なんです。



今日最後の錠剤使ったから、良くならなかったら、獣医さんに行き注射してもらいます。
コンベニアは2週間有効なので、治りかけだと又錠剤追加となるのかな。


困ったあぴしゃんふらふら失恋
可哀想なあぴしゃんたらーっ(汗)
お外にでなければ問題解決、でもそうは行かないから、お母さんは悩むんです。

チロはノラちゃんでも女の子だからか、一度も怪我したの見た事ありません。
ぷったんの「家出時代」も喧嘩声は聞いたけど、怪我はほぼありませんでした。


も〜っ、男の子は手が掛かる、人間も猫もexclamation×2


そんなお母さんの気持ちも知らず、雨が止んだら、さっさか、お外にいってしまいました。ちっ(怒った顔)バッド(下向き矢印)



室内飼いさんでも性別により手のかかり方ちがいますか〜?
個性の方が大きく影響でるんですかしら??







続きを読む
posted by wasabin at 00:00| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする