2016年04月24日

秋のおさらい会はバヤディール(バレエ編)




2年振りのおさらい会
歌の舞台が終わりボケ〜っとしていたら、又5月からバレエで忙しくなりそうです。
ここでの「おさらい会」は2年振り。
でも、Xmas会、Workshopで、ポアントでヴァリエーションは年一回は踊ってはいましたけどね




お教室のはもう出ないと決めてあるのですが、
(人数多く、汗拭きにアルコールが入ってて、一斉に使うとアレルギーで呼吸困難になるのが主原因)
それでは寂しいので、規模の小さいサークルの方は出て、楽しんじゃいます。
1年半悪かった足裏の怪我もやっと治りつつあるので、嬉しいな〜




演目は?
今回は「バヤディール」の2幕。
個人的に3幕の白いコールド(群舞)すきなんですが、
2幕の「婚約の場面」ほうが賑やかで、踊りが沢山ありからなんですね、選択理由は。
それと主にマダムで構成されたメンバー、バレエ歴1年って人も居て、そのコールドは成り立たないかな。。。



選択AorB
先生から。。。A)「バヤディール」、プラス小作品かヴァリエション B)「バヤディール」オンリー
か選択する旨通達あり。



A)を選んだで連絡したんだけど、、プラスの方を複数で踊るか、一人で踊るか
悩むところ。 
だって、バヤディールで何を踊らさせる分からないから、それにも依るしね。




歌が終わり数日ほんの数分の起き抜けトレーニングさぼったら、
ぷよぷよに〜〜; たはっ〜〜;



バレエは体絞らないとなあ・・・
連休明けからだわっ



その間に食べ貯めしちゃえばいいかななんちゃって(笑)





posted by wasabin at 07:33| 東京 ☔| Comment(10) | TrackBack(0) | バレエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月21日

発表会オペラガラコンサート.リハ Il trovatore




前回の記事の続き、2曲目です。 (リハーサル時)



年に4回発表の場はありますが、生徒は皆このサントリーホールコンサートの為、
前もってどこかの舞台でお披露目、練習舞台をしておきます。



今年は一曲目はプッチーニの「蝶々夫人」から”ある晴れた日に”を歌いました。
(前記事をご参照くださいませ)




2曲目はベルディの"Il Trovatore" (吟遊詩人)から
”D’amor sull'ali rose" (恋は薔薇色の翼に乗って)です。


リハーサルなので、途中テンポを速めたくて、トライしたので、揺れてます。



夫の評判は、私が編曲した最後のカデンツアが今ひとつでした。


友人たちには「難曲を良くやりました」と言われ、だめなんだな〜
難曲と分からぬように歌えなくっちゃネ 
もっとサラリと歌えるようになりたいものです。



どんな感じか、お聞きください。



これに勇気づけられ、音源UPが増えますように、ね ふふふ (*^-^*)

posted by wasabin at 00:00| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 声楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月19日

発表会オペラガラコンサート、奇声付歌編




暫く音源Uploadしなかったら、忘れて時間かかってしまいました。


色々直したいところはあり、稚拙ですが、、これが今の現実。

今後勉強あるのみです。


途中の叫び声にはお気を付け下さいね。
めげずに歌い続けました






次はヴェルディをUPしますので、又遊びに来てくださいね〜
お待ちしてま〜す




続きを読む
posted by wasabin at 09:26| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 声楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする