2017年02月06日

吸い込まれる声






雨予報だったのが昼過ぎパラパラと着た様で室内の私たちは関係なかった。

バレエの先生の結婚祝賀会でした。

「乾杯の歌」を頼まれていたので、荷物が多く、出かけと帰りに降ってなくほっとしました。




今回成程〜〜;と身を持って感じた事があります。

人間は吸音材!!

知ってはいたけど、これ程違うとは! 


満杯の会場、しかも皆立ち上がっている@@; 

しかし、リハーサルは人がまばらの時。


音量も響きも半分とは予測していたものの、実際歌うと、

かなりの違和感 




皆さんは「あれ〜声がすいこまれるう@@;」って怪奇現象(笑)体験しましたか?

おそろしいや、おそろしや・・・




で、飛ばしました! かなりのスピードでね。


ピアニストさん「・・・90が限界」といってたのを

良くがんばってくれました。




ここに至るまで紆余曲折あったんですよ、主にピアニストさんで。

参加者が条件; で「居る」と言う事で引き受けたのですが、勘違いだと。

次に決まった方は途中で指が腫れて辞任;

やっと最後の方に声掛けたのは2週間ちょい前。

私はお正月明けから少しづつ練習したけど、

彼女は猛ダッシュで練習には頭が下がります; 

ジャズの方だけどお互い歩み寄りながら合わせ何とか無事終了しました。



そうそう花嫁さん、この上なく幸福そうで、
ウェディングドレス姿、とてもきれいでした♪



そして、店長さん、ビックリするほど、心配りの有る方。

色入りな方に助けられました m(__)m




感覚的に好みでなかった歌だけど、好みに近くなりました。




posted by wasabin at 10:34| 東京 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | 声楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする