2017年05月13日

情けない・・自分







プログで愚痴
って良いですか??



頑張って勉強したのに (涙)
暮れの発表会コンサートはまだ先
だけど、選曲しておかないと、意にそぐわない残り物で歌う事になるので、
と、言っても既に残り物だったけど、
2曲を主催者(K先生)でないM先生に習いに行った。
一曲に選択するのを手伝ってもらうんです。


私は一歳児より下のゼロ歳児〜〜;
ドイツ語ってまるで分からないから
目(楽譜)とyoutubeの耳だけでは
時間が掛かりすぎるのね、 M先生だと効率良く学べるから。



その結果、K先生お勧めの曲ヨハンシュトラウスの「こうもり」の「チャルダッシュ」に目安が付き、
「歌います」と連絡した所、「もう予約済みです」と
ガックリ。

す〜ごく頑張ったんです、ドイツ語に振り仮名つけたし。。何度も何度も聞いたり・・・


でも、だれにも気持ちをぶつけられない、自己責任だから。。。




余分な気を使った挙句がこのていたらく
数日保留お願いすれば良かった話なの。

もし歌わない事になったら、悪いかな・・・とか

私不安だったの、本当に歌いたいかどうか? 歌えるかどうか? 

シュトラウスは初めてなので、、すんなり入って来ない。

特にチャルダッシュと言うハンガリーの民族度濃い歌だし、、

(バレエでは曲は違うが短いのを繋ぎに踊ったから民族の特徴は聞いていた、、)

等々考えてたら、こう言う結果。

今は「攻めの姿勢が足りないかな・・・」







あ〜あ、言葉がとっても大変だったのに、何とか歌える所まで持って行ったのに(ため息)




ならばと、K先生が又提案してくれた

「こうもり」の他の曲、”Spiel ich die Unschuld vom Lande"

聞いたし、楽譜も$1.90(安いでしょ?)でダウンロードした。

コロ系は何とか?(本来はスピントで軽くない)なるとして、何度聞いてもピント来ない。

5分前後の曲なのが嫌に長く感じるってのが、そもそもおかしい。

楽しいとあっと言う間に終わるのに。。



こんな曲です。

本来は、お芝居が付けば、内容は面白いけど、ソロだと分からない、、



あ〜暫くなげだした〜い


この気持ち、だれか拾って下され〜











続きを読む
posted by wasabin at 08:19| 東京 ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | 声楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする