2017年08月16日

夢枕・・・悲しみはじわじわと・・・




ある晩夢を見た。



箱の中に2013年に☆になり天国に引っ越した「ぷったん」と、あぴしゃんを慕っていつもくっついている

「ちろ」が隣に横たわっていた。

とても落ち着いていて、静かだったが私の方を何となく見た。

夢の中で、「2匹は生きているの?どっちなの?」と思った私。


そこに元気にあぴしゃんが横切った。

夢にしては目覚めてもはっきりしすぎていた。




チロ(のらちゃんです)が家に入って来なくなり暫くたっていた。

何度も空耳も聞いた。

あぴはチロが来なくなってから、急に異常な位甘える様になり、不安がよぎった。


チロ、ちろ、Chiro・・・・




意を決して、もしや?と電話入れた。

あぴが一日中帰宅しなかった時(誤って閉じ込められていた)、数か所に電話入れた、その一か所。




調べてくれた。



「xxx町x丁目で白い猫、尾の長さxxcmを回収しました」


それは私の自宅の丁目。

通報者の所で躯を預かっていたらしく、そこに回収に行ったとの事。

記録はとても少なかった。

そして、その後専門の業者に託した、との返事だった。





毎日耳を澄まして待った。

でもね、夢でチロはぷったんと私に会いに来て、もう居ないんだよと暗示してくれたような気がする。

健気なコ。



警戒心が強く今まで用心深く生きてきたのに・・・・

いつか馴染む日が来ると気長に待ったのに・・

どうして、、、、



通報者はチロのねぐらのあったお家かな?、、それで何とかたどり着いたのかな・・・

と考えだすときりがない。

ポスター貼り詳細を知ろうとも思った、

が、分かってももう、戻ってこない。 辛さが増すかもしれない。


DSC00741.JPG
もうこの仲良し姿は出来ないあぴしゃんとチロ



状況が分からない中、せめて苦しまなかった事を祈る。




2年半もあぴと仲良くしてくれてありがとう。

天国でゆっくりしてね。

あぴを見守ってね。



でも、この現実受け入れられない。



あぴの前では泣けないけど、悲しくて落ち込みます。。。












posted by wasabin at 20:36| 東京 🌁| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする