2017年06月03日

富士山の麓へと300円也の温泉




暑い日が続いたので、8か月もそのままだったアズマヤに様子見がてら出かけた。

入梅になったら行く気しないから。



風を通した部屋に居ると寒くなったので、テストがてらの布団乾燥機をつかった布団に包まる。

涼しいより寒い!!



一通りやる事は終わったので、ランチと温泉に出かけた。


その前に。。パノラマ台から富士山と湖を堪能、、、けど、富士山は雲で裾しか見えない。

「出たら、右に行っちゃ行けないよ」と初めて出かけた時に持ち主の息子から言われていた方向。

そこの峠を越える山道は沼津に出てしまう、とんでもない方向!!




以前も利用した湖前のイタリアン
時々水上スキーヤーや「白鳥観覧船」を見かける程度で、中心街も未だとても静か。
20170601Canti Como.JPG
空皿は・・気にしないでね。。
スタッフが寒くないか気遣ってくれたが、着こんでるから大丈夫




お腹を満たしたら、村営温泉へ
20170601 紅富士の湯.JPG
屋内風呂も緑の中の露天風呂も広いし、天候によっては富士山が見えるはずなんだけど・・
これで一人300円、村民料金ね。





普段は私が運転だけど、その日の体調により標高1000mを超えると、
時に不調になる残念な私。
それがね、暑さが苦手な私。
涼しさを取るか!? 暑い場所での体調安定を取るか?!
そう言えば、、かなり昔・・メキシコの遺跡経由で帰国時に現地で高山病になったんだわ・・・
1500mでゴルフした時も頭痛してたなあ
黒部渓谷の室堂(字あってるかな?)で宿泊時は頭痛、吐き気の上、顔が風船みたいにふくれた
今でもその顔は笑いネタになってます



今回は夫が帰りは運転。
長居すれば、体がなれるんですけど、、、ね




これじゃ、宇宙飛行士は無理ね
皆さんは、高地平気?










posted by wasabin at 11:56| 東京 ☀| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

母の日祝いと小さい山と海





暫く母と会ってないし、妹達と3名揃って会ってないので、
遅い「母の日祝い」をすることになった。


実家は距離的には80km無いけど、都内を抜けるのに常に混んでいるから
3時間はかかる



高速、どっち側から降りようかなと考え、海側からにした。

    子供の頃海水浴した海でちょっと休憩

中央海水浴場の海.JPG


 遠浅で夏には海水浴客で少しは賑わう様。



       磯根山と海.JPG

       左の山はもっと大きな感じしたんだけどな



妹達とは会場で待ち合わせ
会場に入る前に駐車場で長い事、お互いに持ち寄ったお土産を広げた。
妹1から段ボールに入りきれない程の新鮮な野菜を貰う
妹達はとても家庭的で料理上手; 
手作りの品数品の内「ぼたもち」(おはぎ)は母の好物、私にもと。


そう、母からも自分が作った取り立ての「小松菜」をもらう


私のメインは美味しいと評判のクッキー

母の日クッキー.JPG


妹2からの土産の「ロールケーキ」がとびっきり美味しかった。

地方の方が美味しい物あるのかな〜??

単に私が近所を知らないだけかな。。。



「お祝いの挨拶」をして、膳を頂く。
そうそう、「はかりめ」ってしってますか? 
地元言葉ですが、アナゴの事です。



さて、楽しいひと時もお開き。


帰りは今度は山側から高速に乗ろう。

郡ダム.JPG

これはダム; 妹家の方向には黒雲が。。帰り道雷雨に有ったと聞いた
そう言えば場所は全然違うが、「スカイツリー」の落雷をTVで移していた。



   郡ダム緑.JPG
   緑が眩しい




帰りのアクアラインで少し雨に降られ、トンネル抜けても少し雨、すぐ止んだ。



お祝いも楽しかった。。。

あとガンを患った叔父を見かけたので、降車し挨拶した時の笑顔。
幼稚園からの同級生にばったり、降車し暫しタイムスリップ。。

年齢行ったら、帰郷したら出来るだけ知り合いには声掛けてよう
と思っ小旅行でした。














続きを読む
posted by wasabin at 17:30| 東京 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

飼い主に「食べられた小鳥(白文鳥)」!!?




あ〜風邪ひいちゃった

鼻かむと凄い量でる。。。

でも、風邪位で平常生活は変えないんです。

薬も飲まない。

喉に来ない限り、熱は微熱、なので今日は予定通りのバレエレッスン日。

こんななので、いつも長引く。



先日バレエの更衣室でのビックリな会話を紹介します。

私;    「ねえ、小鳥食べた?」

友人1;  「うん、食べた!食べた!」

どう思います、この会話??

友人1は白文鳥を飼い始めたんですけどね。。。

それ、食べちゃった??



近くにいた友人2がフリーズ

続いて;

私;    「良かったわね」 

友人1; 「うん」


友人2;  しばらく固まった後
      「私、なんて反応して良いかわからない」と。

      何? どう言う事? 可愛い小鳥を食べたうえ、ニコニコ顔の二人??とビックリ顔。


彼女の反応を見て、私達の会話の恐ろしさに気付いた!!

で、説明;



友人1の小鳥ちゃん、来たばかりでご飯食べてくれないの。
って聞いてたから。
正しい日本語は

「餌食べないって言っていた、小鳥ちゃんは、餌食べたの?」



でも、二人には分かっていた状況なので、

「小鳥、食べた?」って会話になったんです。



お断りしておきますが、、私も、友人1も友人2も動物溺愛者ですから、ネ





はい、お後がよろしいようで・・・・


皆さんにも、そんな会話有りません??(笑)



posted by wasabin at 19:55| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする