2017年01月16日

第九@東京芸術劇場





久しぶりに劇場へ。

友人が第九のアルトとそのご主人(プロ)が指揮をされたんです。

バレエはプロの舞台を見に行くことも珍しくないんですが、

歌はプロのは年2回程度自分の先生のに行く程度になってます。



東京芸術劇場 HPより





昨年と一昨年に続き大手企業のアマオケ; 

総じて心地よい響き、オケも歌も。



一昨年のサントリーホールの第9より規模が大きい(多分ホールも)。

音も丸みを帯びている。




第九も良いんだけど、、、個人的には「メサイア」を聞きたい、

学生時代、東京文化会館で4回合唱したんだもの。

その時のアルトのプロが胸に染み入り、声質が違うのに

随分と真似してた。

私の「胸声」はその時の癖 〜〜;



暫くCD以外で聞いてないな・・・





皆さんは今見たい舞台ありますか?
どの舞台をみたいですか?



私は今月チケット安く手に入るから、オペラ「魔笛」に行こうかと
思ったけど、寒さに勝てず止めます 〜〜;









posted by wasabin at 06:54| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月15日

・・負けた>< オコタ出した




数年振りにオコタを出しました。

部屋がゴチャゴチャするのと掃除時邪魔なので、暖房は床暖とガスでしたが、

この所の寒さに負け、ついに炬燵を引っ張り出しました。



やはり、寛ぎますね (*^^*)

教会の聖歌隊席も足元寒く、帰宅後も治らず足が棒の様。

お尻まで入れて、おみかん食べて、テレビみて。。。

子供の頃を思い出しちゃいました。




あなたは、炬燵派? 否?





そうとうゆったりと新聞読んでいたら、同じ目線になったあぴが遊びと勘違い、

当日の新聞カミカミ、バサバサ一人遊び、

   新聞1.JPG
   僕のだよ〜


その内お母さんが腕でプロレス参戦。

オコタはねこさんにも嬉しい物の様でした。

  新聞2.JPG
   なにかあ・・・? 


閉じ来られた時のお鼻がコンモリどす黒く腫れてたのが
赤みが残り擦り傷が見えて来てます。
posted by wasabin at 10:33| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月02日

御祝い事での出し物





賢くて魅力的な美人のバレエの先生がご結婚された。

おめでたい



そこで、数か所の生徒達合同でお祝い会が2月に計画されてます。

お友達的な生徒さんが幹事で、パーティでのアイデアを募集していた。



最近案を二つメールした。

ひとつは「PPAP」のお祝いバージョン。

そう、今流行りの「ピコ太郎」さんのです。

「あ、面白そう! 中学生にやらせよう」との返事、よ〜し



もう一つは・・・10分位のオペラのパロディをの案。
「面白そう・・・」けど、私に先生が希望曲があるそうで、却下みたい。



ご希望はベルディ「椿姫」より「乾杯の歌」
これ聞いたことあるだけで知らない
まず、譜面! $2.49でダウンロード出来た。



先生はサントリーホールに2回聞きに来てくださっているので、
あれでヨシとして下さっているから、気兼ね要らない。



けど、問題が・・・暗譜もだけど・・・
ピアニストだと思っていた生徒のお母様が違ったと!
居ないんです、ピアニスト。


「最悪CDカラオケか事前録音で流す」案が提示された。
え〜口パク??

やった事ないな〜


頼める人は居るには居るけど、たったの一曲の為には効率悪い。
だからやはり出席者から探すのが一番なんだけど。。。



この際欲張りは言っていられない。
ピアノの先生だからって、声楽の伴奏が上手く出来るかって言うとそうとも限らないとかってね。


探すとは言ってたけど、どうかなあ・・・?



ちなみにこんな曲です。

デュエットだけど、私の場合はソロでこなします,人材難 〜〜;





















posted by wasabin at 00:00| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする