2017年02月25日

危うくムカデに〜〜;





親指の付け根辺りを両足壊していたので一月半ポアントレッスン休んだ。

ためし履きを皆がレッスンしている時隅でやったら大丈夫そう。

で、次週・・先週から履いたがひどく疲れた。

健康で休んでたんじゃないから、足裏全体が使ってなかったからね。




復帰一回目はバーレッスンのみにしてくれた。
それも嫌いじゃない。
だって男性と踊る時のバーが手とか肩とか代わりのだから気持ちが乗るんです。


昨日はいつも通りに戻った; レッスンも、足もほぼ。
ただ、左は慢性化しているからこれからもだましだましです。


皆なんだかんだで、残ったのはポアントは2名レッスン。
で昨日は先生いつも以上に熱血指導 @@;


アラベスクとピルエッと祭り!
それに個別指、ふたりだからね。



何年ものバーオーソルで誤解していたため、
私の下半身の姿勢がダメで固定されているのです。
私はバレエだからじゃなく、元々体が柔らかい。
若くなく入門してくる生徒は大概体が堅いので、私は珍しい部類。
いつも通りのレッスン数年(も!!先生遅いデス!)で先生も気付きレッスン法を変えた。



バーオーソルって寝てやるから、S字体系のキツイ私にはほぼ「タックイン」状態なの。


結果立つとタックインしやすいし、ヒップアップがヒップダウン状態。
それが下肢後ろのゆるみ、前川の張につながっていった。


熱血指導だから体に入り込みやすい、それが裏目に出た。


今更文句言ってもしょうがない。
昨日は友人二人がレッスン後矯正の手伝いをしてくれた。



あ〜これ、、前置き
チョット専門的でつまらないね〜〜;



そんなレッスンの後トウパッドに穴が開いたのでチャコット迄買い物に。

あ〜お腹すいたな・・・

でも今日はこの後2件も用事あるからな・・・で我慢



チャコットで用事済ませたら、「ポアントデビュー」と言うお客さんが居た。

刺激され、試着3種類。

「あ〜これ良いかも」とニコニコ顔に。



でも、待てよ、同じ様な感覚の持ってるじゃん。

それにお店はサンプルが無くてドゥミ通せない、アテールとポアントだけの試着は不安。

お家には日の目を見てないポアントがワンサカ ><

足って代わるんですよ〜

後傷め気味の時って、合うの探しちゃうんですよ〜


(その代りウェアはこの所かってません・・・と言う言い訳)



同居人に「ムカデか!!」と言われてます。



あ〜あ、わかっちゃないな〜

と嘆くわたしです; 「ムカデ」とポアントの山に。


posted by wasabin at 04:16| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | バレエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月05日

ポアントレッスン模様





バレエレッスンも日により色々・・・

直近の教室のポアントレッスンはスッキリ来ない。
シューズのせいなんです・・・ホント  


私のレベルだと、どんなシューズでも履きこなせる訳ではないんです。
以前お友達のバレエシューズがくクニャクニャの見たので、
私も中の紙芯も切り取り、何度も踏んづけるやら椅子の足に引っかけるやらして、
一足すっごく柔らかくしてみたんです。
あっ!いけない、これじゃ自力で一時間は無理かも、と思ったけど、
観察したかったので、それ一足しか持たず参加。


30分程度迄は何とかなったが、次第にきつくなり、ピルエットが立てなくなってしまった。
で、今の自分にはバレエシューズ並みのは無理と確認 ><





毎回これだと、嫌になりバレエ止めちゃおうってなるのが続いているのは満足する日も有るんです。


スポーツクラブの45分のポアントレッスンは先週から暫くぶりにでたが、
楽しかった。
だってね、くるみ割り人形の「金平糖」の振付から3つやったから。
3つ、繋げないので踊りにはなってないけど、良く見るのを自分がやって
下手でも出来ると嬉しいんです。



一つはグリッサード→第一アラベスクのまま正面向きに変えパッセ、
一つは左右足前にグランバットマンしてスス。

最後はパドシャして直ぐスス回転、
パドシャ後、顔残し1/4先取りしないと間に合わない、つまり回転は3/4だけ。


3つとも金平糖の特徴的な振りなんです。


2012年体調崩し一年療養後体が変わったんですよ、私。
ブログは静養中に気晴らしで始めた訳です。



それまでは、アラベスクはポアントで1分位は立っていられる程体幹が強く足も強かったんです。
まあ過去の話です。
定年退職後のサラリーマンの話みたいになっちゃいました〜〜; 




なので、極たま〜にその片鱗が出る事もあるんです。



スポーツクラブのポアントは今月終わりには「金平糖」踊らせて欲しいなあ。



なんて思いながら、お家でグデグデ過ごす日、休息日 (*^^*)、多いです。


















続きを読む
posted by wasabin at 00:00| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | バレエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月18日

清里フィールドバレエへ






何とかやりくりし、今年も見ました、清里フィールドバレエ。
あの雰囲気は特別! 
涼しい屋外の自然の中、観客は周りが暗いので、自然とドラマに引き込まれていきます。
勿論劇場も観客席は暗いですが、木立ちや風の息吹きを感じるんです。



     白鳥2.JPG

      開演前の会場 
  

途中上がる花火も年々豪華になっている様な?気のせい?
今や、「清里バレエ」が無くては夏は終えないという程、
我が家の夏の風物詩となってます。




が、自然は時には容赦ありません。
始まる直前にパラパラと小雨、傘をさすほどではなかったけど。途中も少しパラのパ位が空から。



   白鳥1.JPG
    ピント外れ〜〜;



最後の国鳥の見せ場のフェッテターンが!!!
きっと滑ったんでしょうね・・・
数回でドゥミに落ちちゃいました @@
でも流石プロ、最後まで笑顔で踊りとおしたので、夫は気づきませんでした。



自然(?)は過酷な事、もう一つ。
私達の行った前日未明に火事があり、
この建物の奥にある大きな歴史のあるレストラが全焼。。。
異臭が未だ漂い、見るも無残な姿。。。

それでも夕方の公演は行ったそうで、関係者やダンサーの方達は
さぞ大変だった事と思います。


   白鳥3.JPG



今年は清里には泊まらず自宅へ帰るより1時間は近い
息子の「東屋」へ、直行しました。



そうそう、シャンブルの先生とご挨拶してネ。



末筆になりましたが、関係者の方々、お見舞い申し上げます m(__)m
ロック再建信じて・・・・











posted by wasabin at 11:43| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | バレエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする