2016年02月11日

新入りNoraニャン!と義理堅い猫




温度変化が大きいこの頃、みなさんとみにゃさん、体調には気をつけましょうね (*^^*)



昨日から新入りさんがご飯食べに現れ、今日もで、写真取れました 


キジトラ1 2016 2 11.JPG





朝起きたら、あぴしゃんは押入れの寝床でお休み中zzzz



一個しかない器にカリカリ入れたら、チロが食べ始め、鯖ちゃんはイカ耳に。
で、もう一個に入れて出したら、食べ始めました。

    キジトラ2 2016 2 11.JPG
   鯖ちゃん、全然鳴かない。 チロは最初から鳴いてた。
   背中が艶々と黒光りで、ちょっと小さ目の子です。




この鯖ちゃんは最近では数回近所で見かけた子


もっと小っちゃい時に数回みかけた子かもしれないけど、
その子はとても警戒心が強そうにみえたので、育つ過程で柔らかくなったのか、
違う子なのか分からない。




今日チロと鯖ちゃんが草むらで一緒に仲良く居るのを、初めて見た。
あぴは?と探したが、一緒には居なかった。
一緒は未だ見たことないので、気が合うかが気になる。


もしかしたら、3にゃんで遊ぶのが見れるかもしれないなあ〜・・
ちょっと期待してます。



あぴとチロはお家の中で時々じゃれあってます
あぴが、気持ちの良い個所を、甘噛みしてあげます。



気持ちいいんでしょう、首をあぴに押しつけて、何度も
「カミカミして〜」とねだってます。
あぴは一生懸命それに応えてます



でも、ちろは10回に一回もお返しないものですから、
「この不義理もの〜〜;」 <--  これはお母さんの声です・
飽きて、お外にチロを残して遊びに行ってしまいます。



ちろさんやあ〜 世の中GIVE&TAKEなんだよ〜
だから、お母さんが、せっせとあぴしゃんに甘噛みしてます

土の臭い、草の臭い、あぴしゃんのお口の臭い、へっちゃら〜



困ったことに、あぴしゃんは義理堅い!!
お返しがあるんですよ〜 甘噛みの

「いいんでち〜いらないでち〜」って、あぴの気持ちを傷つけない様に
そ〜と顔でなく、手にカミカミに代えてもらいます。




「安心してください!ウガイしてますから、時々でけど〜〜;」 ネ (笑)
だって、お母さんはあぴのお母さんだからね

posted by wasabin at 19:46| 東京 ☀| Comment(14) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月18日

あぴ、雪小止みの中帰宅、怖かったんだね。。




こちらは予報通り早朝は雪

皆さん地方は?




6時過ぎ、あぴしゃんは??と押入れの寝床に手を入れると、、、

すっからか〜ん、居ません。

夕べは一緒に其々の寝床に入ったはずが、夜時々遊びに出るんですよ〜〜;

「不良にゃん」になっちゃいました。




その内少し小止みになり、すると泣きながら帰ってきました。

体を拭いてあげる間中、その甘えること!
だっこ、なでなで、それでも足りないらしく、「赤ちゃん戻りベッド」に行きふみふみ、ちゅるちゅる

降ってない時に出て帰るに帰れなくなって不安だったんだろうな・・・と母心



今、はっと、気づくとオコタの上に居ない。

外?雨降ってるしな〜・・・??疑問に思いながら押入れベッドに手を入れると、
「ふぉわん」感触と「ふにい〜」と返事で、ほっと一安心です。

    DSC00624.JPG
    「あかちゃん」するあぴしゃん




その後小雨の中、ちろがやってきて外でご飯食べ「ぷったん小屋」で休憩して気づいたら、本家に戻った様です。

夜中には勝手に入って、内のソファーで寝ていることもあります

ちろの本家ってどこなんだろうなあ〜



今日は体調イマイチ、バレエどうしよう、、?と思っていたところに
「雪でどうしますか?」とメール、決める気も起きないんでえ〜す。







ラベル:
posted by wasabin at 09:59| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月10日

あぴしゃんの猫生







突然ですか、皆さんはストレスを強く感じた時はどうやり過ごしてますか?



先日、故郷の同級生が入院したんです。

昔から貞淑に家庭を守る人でした。

趣味らしい趣味は無く、気晴らしは近場の自然の中へ――

海や山へのドライブ、ほんの1〜2時間程、だった様です。



子育てが終わったら、それも段々減り、テレビがお友達生活になり、

企業戦士化した子供が見かねて、「お母さん、カルチャーにでも出かけたら」

と言われる状態に。

その間離婚も経験して、生活の再出発がスムーズに行かなくて、家事も最低限になり、

ついに家事も出来ない状態に。

他にも姑、小姑問題やら、、きっと色々有ったのでしょう、、、入院しました。



安易に人様の人生にコメントするつもりは毛頭ありません、念の為。



もし、私が同じ状況に置かれたら、同じ結果だったかもしれません。

が、、、昔は仕事に、今は趣味に「逃げ場」を見つけて、

私も大難、小難を乗り越えてきました。

今も「夫の問題行動」の災難は有るんですよパンチ

勝手に寿命を決めて、今必死に貯金を使い切っている状態、って信じられますか??!

これは別個にいつかUp・・・



私の言いたいことは「趣味は人を助く」

今私から、歌とバレエを取り上げられたら!・・・?

あなたは好きな事を取り上げられたらどうします?

勇敢で賢い人は困難に面と向かって戦う事でしょう。

それが長期戦でも? 息抜きなく戦い続ける?



前置きが長すぎてしまいました・・これって前置きなんですちっ(怒った顔)あせあせ(飛び散る汗)




8月に獣医さんに、喧嘩怪我で2度目に行った時、「室内飼い」を勧められました。

 それが理想なのは分かってるんです。



私が先生に何て答えたか、かなり長い前置きで察しがつくと思いますが。。。


「先生、この仔はお外が楽しくて仕方ないんですよ。

私も趣味がそんな状態です。楽しい趣味も出来ずに閉じこもり生活させられるなんて、

半殺し状態でおかしくなりますよ〜」




私のブログ友さん達の猫ちゃんたちは皆完全室内飼育; 

分かって貰えないかもしれませんが、仔育て価値観が違っても猫大好きは同じです!!


    DSC00814.JPG
    傷がチャーミングホクロ状態 ><

あ〜それにしても、月2は多すぎる!

あぴには世渡りを上手にしてほしいexclamation

抗生剤の注射月2ペース続けたら、耐性がつきそうな心配も・・。

そんな悩みも外で喜々と遊ぶ姿を見ると、一瞬でも飛んでいきます。



取り敢えず、諭吉さんが毎回出て行くので、私の財布を守るため、

保険に入ることにしました。


   DSC00816.JPG
   抗生剤が効いて化膿し、治ってきた傷口、胸下です・・・
   毛で隠れていて、早く気づいてあげれませんでした><

さて、生い立ちは前にも触れましたが、、、あぴしゃんはお外の楽しさを知ってしまった仔。

生後間もなく大嵐の直後に他の猫達に守られた状態、真ん中の赤ちゃんを他の猫達が囲んで身を寄せ合っていた所を、ボランティアさんに皆んな保護されたんです。

だからなのか、体つきからも野性味が強いからなのか、外への好奇心は半端なものでありませんでした。

二階のベランダからお外に身を乗り出し眺める日々を過ごし、玄関から人が出入りする時に何度か脱走されてしまいました。 

特にお父さんは太っちょなので、コート着ると足元がまるで見えませんから、、格好のチャンス!

探すと外から返事がする事度々ふらふら


そんな経緯で徐々に外遊び生活になったんです。




今日も雨、、、迷惑?

私は、こんな日はあぴしゃんが在宅多いから、ちょっと安心生活してます。

(台風前に原稿を書きましたので、被害に遭われた方にはお見舞い申しあげます。)



友人もあぴしゃんも幸せに過ごして欲しいでするんるん







posted by wasabin at 16:27| 東京 ☔| Comment(12) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする