2017年10月20日

合同発表会




M先生門下生と他の先生の合同発表会があった。

酷い風邪をひいて2週間、無理かな〜と思いつつ・・・

冷たい雨だったが、フアーコートで用心し、当日何とか気合で行った。



風邪で2回も医者に行くなんて今までありえなかった。

今年は夏から不調、、、 ><;



IPMNだから、この程度は受け入れないとね。


発表会は40曲! 控室も無く外でお茶するにも大雨、、、、最初からは居なかったが、長かった。


私は2曲ベッリニオペラ「カプリティ家とモンテッキ家」から”ああ幾たびか” と、
モーツアルトオペラ「フィガロのっ結婚」から「スザンナのアリア」


新曲の余裕は無かったので持ち歌からです。
喉には頼れないので、目一杯身体を使って歌った。


まあ、なんとかこなして、 やはり歌は良い!と復活を目指す気持ちになった。


オペラアリアが私以外は3曲しかなく、盗む曲はなかった。


2名の先生が最後締めた。
私の先生は「ソプラノ」 う〜ん、聴き応えある♪
もう一人の先生は、「メゾ」 おおおお〜〜〜私の憧れの声じゃないですかあ♪
体格もドッシリ、真似ようにも無理だわ・・・・



いつもちょっと年配だけど、じっくり一年かけてレッスンする方、、、、、
楽しみにしていたら、今年は居なかった。。。 「修道女アンジェリカ」を歌った人。。。


来年は会えるかな〜




音源UP考えましたが、病気ブログ更新し、こちらも更新したら、

もうお手上げ〜

食欲ないし、、、スケート見たいけど、、、寝るしかないかなあ

ああ、お布団が呼んでるう ^^;








にほんブログ村



M先生門下生と他の先生の合同発表会があった。

酷い風邪をひいて2週間、無理かな〜と思いつつ・・・

冷たい雨だったが、フアーコートで用心し、当日何とか気合で行った。



風邪で2回も医者に行くなんて今までありえなかった。

今年は夏から不調、、、 ><;



IPMNだから、この程度は受け入れないとね。


発表会は40曲! 控室も無く外でお茶するにも大雨、、、、最初からは居なかったが、長かった。


私は2曲ベッリニオペラ「カプリティ家とモンテッキ家」から”ああ幾たびか” と、
モーツアルトオペラ「フィガロのっ結婚」から「スザンナのアリア」


新曲の余裕は無かったので持ち歌からです。
喉には頼れないので、目一杯身体を使って歌った。


まあ、なんとかこなして、 やはり歌は良い!と復活を目指す気持ちになった。


オペラアリアが私以外は3曲しかなく、盗む曲はなかった。


2名の先生が最後締めた。
私の先生は「ソプラノ」 う〜ん、聴き応えある♪
もう一人は、「メゾ」 おおおお〜〜〜私の憧れの声じゃないですかあ♪
体格もドッシリ、真似ようにも無理だわ・・・・



いつもちょっと年配だけど、じっくり一年かけてレッスンする方、、、、、
楽しみにしていたら、今年は居なかった。。。 「修道女アンジェリカ」を歌った人。。。


来年は会えるかな〜












にほんブログ村
続きを読む
posted by wasabin at 11:37| 東京 ☔| Comment(4) | 声楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

鑑賞2 オペラ映画







ちょっと古い、5月初旬の事です。

シネコンに行き、予定通りの映画を見ました。

席は想像に反して!一杯じゃないですか!?

こんなにオペラファン居たかと、チョット嬉しくなりました。




前記事のバレエ発表会も長丁場とだったけど、

5月のこのオペラ映画「イドメネオ」が4時間半;

面白かったけど、長さ的にはこれがマイ限度かな〜〜;

指揮者の若き日のJ.レバンもインタビューで見れたのは貴重でした。

(映画の内容は割愛)





でもタイミング的には、その「イドメネオ」は残念だった。

何がかって言うと、直前の発表会と年末にヒロインのアリアを歌ったんだけど、

聞いた中ではこの映画のが最高だった!

だから、発表会前に聞いてたら、とても参考になったと思う。




まあ、仕方ないね。



皆さんには、「あっ、手遅れ〜〜;」

と言う残念な事、最近有りました?
posted by wasabin at 00:00| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 声楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月25日

レッスン (声楽)





K先生のレッスンに行った。



今回、声楽を定期的にと、システム変わったのを機に、サボらないように前払いにすることにした。



で、今回のレッスン曲は年末の発表会用の

オペレッタ「こうもり」の”Spiel ich die Unschuld vom Lande"
「田舎娘を演じる時は・・・」or「ひなびた姿で手桶をくるくると」


予習に苦労しました! 

ほぼ全ての歌詞に振り仮名と言う具合、、、何歳だい、私??

日本語に書けない言葉も何度も書き直し、読んだ。



さて、レッスン、
テンポを落として、読み合わせせず、すぐ歌った。

振り仮名ふったけど、見ずらい行なので、見ている余裕はなく、ドイツ語を見るしかない

何度か発音、繋ぎを直されながらも最後まで行った。

ドイツ語はまるで分からないけれど、魔笛の”Ach, ich fuhl's, es ist..."と
あと一曲アリアを歌った事あるが、ゆっくり目なので特に苦労した気はしない。



今回は、内容もコケっティシュで、テンポ良い曲。
(内容も面白いと思ったので、歌いたいとなった)
録音聞きながら何度も書き直したりしているうち、何となく読み方は頭に入ったらしい。


あ〜苦労した甲斐があった〜

まずは言えないと歌えないからね。



これが、フランス物、イタリア物なら、音程と歌いたいかで決まる; 
言葉とテンポは気にならない。
最近習ったテンポ早めのフランス物は ”Les fills de Cadix” 
数か月前までは、まさかドイツアリアを発表会用に歌うとは予測してなかった。
「イタリア」と「フランス」で行く!と決めていたからね、 想定外です




これで、一先ず安心。

年末用だけど、歌えるかどうか早めに判断しておかないと困る。





これを熟したら、暗譜の作業が待っている。



もう一曲のレッスンは;

モーツアルト、フィガロの結婚のスザンナのアリア
”Deh vieni, non tardar..." 
多分オペラアリアを習って初めて発表した曲だったかな。。。


次回もこの2曲の予定でレッスン; ヘンデルが頭から消えてしまった










続きを読む
posted by wasabin at 20:44| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 声楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする