2016年04月21日

発表会オペラガラコンサート.リハ Il trovatore




前回の記事の続き、2曲目です。 (リハーサル時)



年に4回発表の場はありますが、生徒は皆このサントリーホールコンサートの為、
前もってどこかの舞台でお披露目、練習舞台をしておきます。



今年は一曲目はプッチーニの「蝶々夫人」から”ある晴れた日に”を歌いました。
(前記事をご参照くださいませ)




2曲目はベルディの"Il Trovatore" (吟遊詩人)から
”D’amor sull'ali rose" (恋は薔薇色の翼に乗って)です。


リハーサルなので、途中テンポを速めたくて、トライしたので、揺れてます。



夫の評判は、私が編曲した最後のカデンツアが今ひとつでした。


友人たちには「難曲を良くやりました」と言われ、だめなんだな〜
難曲と分からぬように歌えなくっちゃネ 
もっとサラリと歌えるようになりたいものです。



どんな感じか、お聞きください。



これに勇気づけられ、音源UPが増えますように、ね ふふふ (*^-^*)

posted by wasabin at 00:00| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 声楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月19日

発表会オペラガラコンサート、奇声付歌編




暫く音源Uploadしなかったら、忘れて時間かかってしまいました。


色々直したいところはあり、稚拙ですが、、これが今の現実。

今後勉強あるのみです。


途中の叫び声にはお気を付け下さいね。
めげずに歌い続けました






次はヴェルディをUPしますので、又遊びに来てくださいね〜
お待ちしてま〜す




続きを読む
posted by wasabin at 09:26| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 声楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月14日

発表会; オペラガラコンサート;衣装編



やっと本番を終えました

今回は18名の方に来ていただき、お褒めの言葉を頂きました。
何の?
ドレスで〜す (なんちゃって)


「一番素晴らしかった!」 (ドレスで〜す 〜〜; )
「一番見応え有った!」  (ドレスで〜す 〜〜; )
  ・・・聴き応えじゃないんのお〜?



和の雰囲気を出す工夫として、、蝶々夫人はこのドレスに蛇の目傘をもって感情入れ歌いました
バレエの先生が「オペラは詳しくないけど、場面が見えてくる様だった」と言って下さったのは嬉しい感想。


     2016 4 サントリー衣装 黄色.jpg



Il Trovatore の ”D'amor sull'ali rose” は抑え気味に!
「恋は薔薇色の翼に乗って」ですから、翼に乗ったように歌いたかったのですが、
なんせ私には難曲、最後の3段が未練が残りますね。。


この曲のドレスは友人がウェディングドレスの後ろのトレーンと言われているぉ引きずり部分を
上手にかっとリフォームしてくれたものです。
後姿に自信アリ!!?

   2016 4 サントリー衣装 白.jpg
   上半身はスパンコール スカートも部分的にスパンが散りばめられてます。





今年は「蝶々夫人」も中音域多いので「ソプラノ殺し」と言われている曲だそう。


それでも。大我なく過ぎたので、安堵してます。
未だ未だ、勉強です〜




さあて、来年の選曲しなきゃ。



ファッション記事になりました><;
音源は待っている人のお喋りが大きくて、耳障りで載せずらいかな。

DVDが回ってきたら、UPしたいと希望はしてま〜す、ので、暖かい心で?!待っててくださいね〜












posted by wasabin at 10:16| 東京 🌁| Comment(10) | TrackBack(0) | 声楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする