2014年12月29日

親友の一周忌、読経後のアベマリアって??





前回の記事の続きです。


自分のコンサート終了後に駆けつけました。

親友の一周忌。 直前に「歌ってほしい」とご主人からたのまれた。 
よくコンサートに来てくれた友人なので、快諾; 
歌は当日歌った「シューベルトのアベマリア」に決めた。


が、「詩」をどうしよう、仏式にするか、なら最後は「御仏となりて」か?
悩んだ末、取り方は聞き手に任せられる「詩」をつくった。


1節はドイツ語、 2節日本語、 3節日本語の朗読。
これは朗読の部分です。





歌の方の録音は忘れちゃいました(〜〜;)



この日はコンサートでも録音わすれたたらーっ(汗)
毎回帰りの電車でチェックと言うか「一人反省会」をするんです、
出来なくてガックリバッド(下向き矢印)
これも出来なくてガックリバッド(下向き矢印)



でも、でも、皆さんしみじみと喜んで下さり、
私も友人の遺影に語りけ聞いててくれている気持ちになり・・・
親友も、お☆様夜になって、天上で喜んでくれた、
そんな気がする帰り道でした。






posted by wasabin at 23:30| 東京 ☁| Comment(13) | TrackBack(0) | 慰霊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする